ダンラス時の戦い方、現実を直視し素点を稼ぐ

[投稿日]2014/01/26[最終更新日]2014/10/15

オーラス、順位が確定する大切な場面にダンラスだった時にどう考えて打てばいいか?
ダンラスとは、規定はないと思いますが、跳満ツモしても順位が変わらないほど点数が離れている4位のことと規定するとします。

以外ともうラスだから・・・
といってやみくもに打っている打ち手を見かけることが多々あります。
では、どう打てばよいか?

現実を直視しよう

まず次の考えの人は考えを改めた方がいいと思います。

■点数的に全く足りないから、染め手に進む
■6~7種から国士無双に進む

今一度思い出してほしいのが、上がれたこと何回ありますか?ってことです。8種~9種あったらもちろん狙っても良いだろうとは思うが、明確な基準もなく狙うのは、長期的に見て明らかに損です。

素点を稼ごう

重要視してもらいたいのは、満貫が見える時は、満貫上がってラスで良いという考え方をもってもらいたいのです。

[オーラス時、ダンラス]
ダンラス

跳満ツモっても順位が変わらないダンラス時、普通に進めました。
たぶん良くて満貫だと思います。

ここで満貫が上がれた場合の局収支はどうなるのか?
この時のレートは$8/16だったので計算してみます。

25000点で$8なので比例計算してみると$+2.56
このレートで$2.56って大きくないでしょうか?

この小さな積み重ねを忘れないようにして下さい。

順位が変わらない上がりをすることはマナー違反という考えが浸透しているような気がします。

そんな古臭い考え方は、DORA麻雀では無視してください!

もちろん一つでも上の順位が狙える時は狙わないと駄目ですよ。
ウマによる金額のほうが大きいですからね。
あくまで、ダンラス時の戦い方なので気にしながら打つようにして見て下さいね。

→→→『我、最強なり』と自信のある方は、当サイト限定特典を貰ってコチラから勝負!! ←←←